【レポート】図書館 de ECO「ふろしきバッグでエコライフ!」@東成図書館

 12月13日(日)に、東成図書館で「ふろしきバッグでエコライフ!」を開催しました。

 講師は、大阪市エコボランティアの長谷川勝美さん、加藤元樹さん、そして、講座の運営補助として、加藤薫さんにお手伝いいただきました。 

 ふろしきの講座の前に、プラスチックごみ問題や地球温暖化についてのお話を、加藤さんが分かりやすく紙芝居で説明してくれました。

 紙芝居の後、長谷川さんからふろしきの便利な使い方をご紹介していただきました。結び方は「ひとつ結び」と「真結び」の2つさえ覚えていれば、あとは応用で、さまざまな場面に役立てることができることを教えていただきました。

    

 ふろしきは、普段のお買い物時にはエコバッグやきんちゃく、防災時にはリュックとして使えます。また寒いときは首に巻いてスカーフにするなど、おしゃれで便利な使い方のほか、古くなった手ぬぐいを利用したあづま袋や、壊れた傘の生地を利用したエコバッグの作り方も紹介していただき、物を大切にする暮らしのすばらしさを教えていただきました。

 講座終了後のアンケートから、「勉強になりました。」「ふろしきでいろいろな工夫が出来ることがわかった。」「紙芝居を見て考えさせられた。環境を守らなければいけない。」などの意見が聞かれました。
 コロナウイルスの影響で少人数での開催となりましたが、アットホームな雰囲気で、参加者のみなさんには楽しくエコについて学んでいただけました。

       
ds