<レポート>おおさか市民環境大学2020 第3回

 11月28日(土)に「おおさか市民環境大学2020」の第3回を実施しました。

 この講座は、「環境と防災」について学び、今後の環境活動につなげることを目的とした3回連続講座になります。

最終回となる今回講座では、必要単位を取得された修了生へ修了証書の授与と今後の活動につなげるための地域活動団体の紹介を行いました。

  まず、大阪市環境局の松倉課長代理より、大阪市の環境への取り組みや「おおさか市民環境大学2020」についてお話がありました。

  次に、修了生への修了証書の授与を行いました。
今回の修了条件は、コロナ禍で講座が少なくなっている中で、第1回、第2回とご紹介講座を2つ以上受講しなければいけないと言う厳しいものでしたが、11名の方が修了となりました。 環境活動について熱心に学ばれた皆さんは、笑顔で修了証書を受け取っておられました。

 次に、地域活動団体の紹介を行いました。

 まず、ご紹介講座でもご協力をいただきました、NPO法人 エコネット近畿、認定NPO法人 地球環境市民会議(CASA)の 設立目的や普段の活動内容、今後の講座案内などパワーポイントや資料で詳しくご説明いただきました。

 次に、運営団体である公益社団法人大阪自然環境保全協会の取り組みを説明させていただき、最後に大阪市エコボランティアについてご紹介をいたしました。

 今回は、3密を避けるために、対面式のマッチング相談会は行わず、各団体の紹介のあとに質疑応答時間や、質問シートに気になることなど記入していただき、 後日、各団体からメールで返答する対策を行いました。

 参加者のアンケートには、「講座内容が適切であった」や「いろいろな活動があるとは思ってなかった」、また「SDGsに則した環境問題に身近な案件から取り組みたい」など前向きな意見も聞けました。

 この講座を通して、大阪市エコボランティアにもご登録いただいた方もおられ、今後は環境活動の担い手として一緒に活動ができることをとてもうれしく思います。

 事務局一同、今後の皆様の活躍を楽しみにしております。
ご参加いただきありがとうございました。