★11月鳥の日が11月14日(土)に行われました。

 11月14日(土)は、鳥の日でした。16名の参加者がありました。
 「冬鳥がたくさん渡来してきています。大池では、珍しいカモがみれます。」とのガイドさんの話に、みんなわくわくして大池へむかいました。

 一つ目は、メジロガモです。赤褐色の体に目の周りの白さが際立っています。全長は、約40cmです。(写真は、大阪市エコボランティアの神田さん撮影)
 遠く向こうには、コガモ・コサギが観察できました。

 二つ目は、アメリカヒドリです。ここ数年、連続して観察されています。岸辺まで寄ってくるので、肉眼でも見つけられます。(写真は、大阪市エコボランティアの神田さん撮影)

 ホシハジロやヒドリガモ、オナガガモなども観察できました。

 大池の東側の岸辺には、マガモを観察することができました。

 その後、日本庭園に向かいました。
 今年は、ヤマガラがたくさん観察できます。モミジバフウの木にとまっています。

 バラ園では、ジョウビタキが高いところにとまってあたりを見まわしています。縄張りを主張しているのでしょうか。全長約15cmです。

 鳥合わせをした結果、今日は、27種が確認できました。
 写真は、じっと木にとまっているツグミです。

 次回鳥の日は、3月13日(土)です。