みんなで「湿地」を再生!プロジェクト ~観察園はまるごとビオトープ~

 

 いろんな生き物がお互いに関係をもって暮らしていける空間、例えば草地、川、林、森、湿地など、昔から生き物がいっぱいいるところを「ビオトープ」といいます。
 自然体験観察園は、全体がビオトープです。雑木林、田んぼ、池などいろんな種類のビオトープがあります。
 今回、自然体験観察園内に、湿地を再生することになりました。


 この作業はNTT西日本大阪支店の職員の皆さんと大阪市エコボランティア及び大阪市環境局が協働して実施しています。

 今回、NTT西日本大阪支店より、 多くの職員の皆様にボランティアとしてご参加いただいているほか、 ビオトープづくりに必要な遮水・保水材をはじめ、縁石やショベルなど資材のご提供をいただきました。生物多様性の保全に寄与するよう、プラスチック系の資材は選ばず、遮水、保水としてベントナイトという粘土鉱物を選ぶなど、自然体験観察園の趣旨に沿った資材となっています。
 また、大阪市エコボランティアさんには、作業内容の計画立案、実施報告書の作成、工程の再検討など、湿地再生作業全体のコーディネート及び実働を担っていただきました。

【NTT西日本の地球環境保護活動】
 NTT西日本グループは電力エネルギーを大量に使用(CO2を排出)する企業の責務として、地球環境保護活動に取り組んでいます。
 その活動のひとつとして、生物多様性保全活動の取組である「みどりいっぱいプロジェクト」を展開しています。この度、大阪支店の取組として、大阪市が鶴見緑地内自然体験観察園で進める水田跡地の再生・湿地化に積極的に協力し、協働して取り組んでいます。

 これまでの活動を紹介します。

2019年11月9日 土曜日

 湿地の再生化に向けた初作業です。NTT西日本大阪支店の職員の皆さんと協働して進める湿地化プロジェクトです。
 最初に、エコボラさんから本日の作業について説明がありました。今回は、底を掘り下げ土を運び出す作業です 。思った以上に土が重たく、掘るのも運ぶのも重労働でした。

2019年11月23日 土曜日

 前回の作業に引き続き、さらに深く掘り下げます。浅い部分で40cm、深い部分で60cmをめざして掘り進め、土を運び出します。結果、想定以上の深度になりました。この上に遮水層を重ね、さらにもとの土で覆うので、最初はかなり深く掘り下げました。

 

2019年12月14日 土曜日

 今回も天気に恵まれました。NTT西日本大阪支店から参加いただいたのは総勢36名となり、土を掘る人、運ぶ人に別れ、作業はどんどん進みます。

 また、ご参加いただいた方に、自然体験観察園という場所が生き物の住処となるよう、自然体験観察園全体をビオトープととらえて維持管理していることなど、環境学習の場として運営していることを、エコボラさん他運営スタッフと一緒に現地を歩いて実感していただく機会ともなりました。

 

2020年1月18日 土曜日

 今回は、いよいよベントナイトを扱います。水を張ったあとの水漏れを防ぐため、ベントナイトの遮水性、保湿性を利用します。粉を吸い込まないように、防じんマスクをつけて作業しました。

 ベントナイトと土を混ぜ合わせて底面に敷き詰めます。均一に混ぜ込むため、何度も掘り返しては混ぜる作業を繰り返します。
 また、粗朶(そだ)を作るため、枯れ木や倒木の枝を切りそろえまとめる人など、分業してどんどん作業は進んでいきます。 さらに、後日にわたり、エコボラさんによる粗朶束づくりも進められました。

※粗朶(そだ):水面の動きによる側面への衝撃を抑え、かつ水生動植物のすみかにもなるよう、枯れ枝などを利用して作ります。

 作業後、ベントナイトが混ざった土が水分を含むと、洗い落とすのが大変なことにびっくりしました。

 

2019年2月1日 土曜日

 今回は、側面(斜面)を、ベントナイトと土の混合物にしていきます。緩やかな傾斜をつけるよう混合物を盛っては叩いて地盤を固めるなど、根気のいる作業を続けます。仕上がりは、ずいぶんと傾斜がつき、理想の形に近づきました。
 作業後、ベントナイトが混じって粘土状になった土を、用具や長靴から洗い落として、作業を終了しました。この作業が、思った以上に大変でした。