★2月草木の日が、2月8日(土)に行われました。

 2月8日(土)は、草木の日です。なにわECOスクエア玄関前は、朝の冷え込みが薄れ風もなく暖かい日差しがさしています。参加者は、大人13名・子ども1名です。

 最初に、タンポポが花を咲かせているのを見つけました。花弁の下のガクを見れば、種類が見分けられます。ガクが反り返っているのが、セイヨウタンポポです。反り返っていないのが、カンサイタンポポです。ガクが反り返っているので、この花はセイヨウタンポポだと説明がありました。

 畑では、キュウリグサを見つけました。タンポポの葉のように、冬の間は、地面にへばりつくように葉を広げています。この形を、「ロゼット」といいます。ウラジロチチコグサやオオバコの葉もそうです。

 畑や蓮池の周りでは、しっかりと緑の葉を伸ばす植物を見つけました。これが秋に咲くヒガンバナだという説明を聞き、みんなから驚きの声が上がりました。

 田んぼBのそばでは、寒い中でも健気に花を咲かしているノミノフスマ(写真右)を見つけました。そのほか、ノゲシ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザなども観察でき、春が近いことを実感することができました。

 次は、「葉痕ストラップづくり」です。ガイドさんに用意してもらったセンダン、クズ、クサギ、ニワウルシ、コナラなどの葉痕の残った小枝に、ヒートン(ねじくぎ)をつけそれに紐を通します。ドウダンツツジの冬芽などを貼り付けて、顔に模したストラップに仕上げます。簡単でかわいいので、「孫にプレゼントする」と言っていくつも作られる方がありました。

 次回の草木の日は、3月14日(土)ですが、新型コロナウィルスの感染症防止の対応で中止となりました。4月から第4土曜日となり、4月25日(土)に実施します。テーマは「春の草木の芽生えの観察と木の実を使った工作」です。