<レポート>藍を育て、藍で染め、藍で環境を学ぶ連続講座2020 第3回

 10月4日(日)に2020年度藍講座の第3回を実施しました。参加者は10名でした。
 今回のテーマは、「建て染めと染色の化学」です。

 最初に、1階研修室で「藍が染まる仕組みのお話」を聞きました。
 その後、2階交流スペースに行き作業開始です。

①あくぬき
 水切り袋に藍の乾燥葉を約50グラム入れる。

①あくぬき
 水切り袋を湯に浸し20分間煮る。

②藍液の抽出
 湯に薬品と先の袋を入れ、20分間煮る。

②藍液の抽出
 抽出液を缶バケツに静かに移す。

②藍液の抽出
 同じ藍の袋で3回抽出する。

③建て染め
 これから染める布を水につけておく。

③建て染め
 藍液に布をゆっくり浸す。

③建て染め
 10分くらいしたら上げて、絞って干す。

 最後に、1階研修室にもどり、アンケートを書いて終わりました。

 参加者の感想を紹介します。

・藍で染める仕組みを詳しく説明していただき、よくわかりました。
・建て染めは薬品を使うので難しいけれど、タデを栽培して生葉染めをしたい。
・自分の生活の中で環境に役立つことを考えたいと思いました。

 藍染め体験を通して、環境について考えさらに関心を深められていました。

 次回は、11月29日(日)に作品発表会を行います。