【レポート】「新エネルギー実験教室」@大阪市立築港中学校 海遊館部

 9月19日(土)に、港区の大阪市立築港中学校で「新エネルギー実験教室」を開催し、海遊館部の12名が参加しました。

 講師は、 びわこ成蹊スポーツ大学名誉教授の青木 豊明先生です。

 前半は、電気の仕組みについてのお話でした。風力発電、水力発電、温度差発電、振動発電の仕組みをそれぞれの発電器を使って説明いただきました。
 また、それぞれの発電効率について、国土の約7割が山で形成されている日本では、その山の高低差による川の流れを利用した水力発電のほうが、風力発電よりも効率よく発電できるとお話がありました。

 後半は、電池の実験でした。活性炭を使い、アルミホイル、キッチンペーパーに食塩水を塗ったものを何枚も重ね合わせて簡単な炭電池を作りました。 うまく電気が流れるとオルゴールの音が鳴る仕組みになっており、参加者全員のオルゴールの音が鳴ってみんな喜んでいました。
 講座後のアンケート結果から、CO₂を出さないエネルギーの発電方法を知って大変勉強になったとの感想も聞かれ、地球にやさしいエネルギーについての理解が深まった講座となりました。