【レポート】「考えよう!地球温暖化とエネルギー」@大阪市立田島小学校

 9月12日(土)に大阪市立田島小学校3・4年生を対象に「考えよう!地球温暖化とエネルギー」の出前講座を行いました。

 講師は、NPO法人体験学習ネットワークの田中利男さんです。

 前半は、最近多発している大型台風などの異常気象は地球温暖化が原因と言われていること、また、地球温暖化の影響でホッキョクグマなどの野生動物や島国で暮らす人々の生活が脅かされていることなど、クイズを交えながらお話いただきました。

 後半は、手回し発電器を使って、電球にライトをつける実験をしました。電気をみんなの力でつくるには大きなエネルギーが必要なことを体験し、普段使っている電気は温暖化の原因となる二酸化酸素を出す化石燃料を燃やして作っていることを学びました。

 グループワークでは、エコな家とそうでない家のイラストを見比べて、エコなポイントをみんなで探しました。「使っていない部屋の電気を消している」「使わない家電のコンセントを抜いている」「冷蔵庫に物を詰め込みすぎていない」などたくさんのヒントを見つけ、普段の生活の小さなエコ行動が地球温暖化防止に役立つことを学んでいただきました。