★7月虫の日が7月18日(土)に行われました。

 7月18日(土)は、虫の日でした。参加者は1回目11名、2回目6名でした。

 本日のテーマは、「カタツムリ」です。前半は、ガイドの方からの「カタツムリの生態」の学習です。

 講師から、“カタツムリは何の仲間でしょう。”と、問いかけられました。 子どもたちも必死に考えていました。 答えは、貝の仲間です。

 カタツムリは雌雄同体です。その成長過程でオス・メスと区別され、やがて産卵に至ります。

 カタツムリの殻に蓋はありません。しかし、眠っている間は、“エビフラム”という膜を入口に張って乾燥を防いでいます。

 後半は、なにわECOスクエアの外へ出かけ、各自カタツムリ探しをしました。

 カタツムリに触れ、親近感を抱くことのできた観察会になりました。

 次回虫の日は、8月15日(土)の予定です。テーマは、「セミの抜け殻」です。