佃西小学校 出前講座 「昆虫のお話と紙で作る羽が動くおもちゃ工作」

 令和れいわ4ねん6がつ20にち月曜日げつようび)に、西淀川区にしよどがわくにある大阪おおさか市立しりつつくだ西にし小学校しょうがっこうで「昆虫こんちゅうのおはなしかみつくはねうごくおもちゃ工作こうさく」の出前でまえ講座こうざ実施じっししました。参加さんかいただいたのは、当校とうこう4ねんせい3クラス92めいです。

 講師こうしは、昆虫こんちゅう科学かがく教育きょういくかん館長かんちょう久留飛くるび克明かつあき先生せんせいです。

 「3ねんせいとき昆虫こんちゅう勉強べんきょうをしましたね。昆虫こんちゅうとはどんなものことをいいますか。」の先生せんせい質問しつもんに、どもたちは、「あたま・むね・はらの3つにわかれています。」「あしが6ほんです。」「はねが4まいあります。」「触角しょっかくがあります。」とまなんだことを発表はっぴょうします。

 はなし具体的ぐたいてきになっていきます。

 「オンブバッタのメスは、オスをおんぶします。オスはどうしてずっとメスの背中せなかにのっているのでしょう。」の質問しつもんに、どもたちは「オスは、メスにてきからまもってもらっている。」「メスは仕方しかたなくのせている。」とか、おもおもいのこたえをいます。

 先生せんせいこたえは、「まだわかっていません。」

 どもたちには、きものの生態せいたいのふしぎに疑問ぎもんちそのわけをかんがえることをしていってほしい、というねがいが先生せんせいにはあるようです。

 2時間じかんは、はねうごくおもちゃ工作こうさくです。モデルはモンシロチョウです。

①チョウのかたち
じくとなるストローをつける
はねうごかすためのストローをつける
いろをぬって完成かんせい

 出前でまえ講座こうざはこれでわりですが、先生せんせいどもたちにかこまれ質問攻しつもんぜめにあい、なかなかかえしてもらえませんでした。