田んぼで学ぶ環境学習プログラム(飛鳥未来高校) 

 田植たう体験たいけんや、んぼまわりのものたちの観察かんさつとおして環境かんきょうについてまなんでいただく講座こうざ実施じっししました。参加さんかいただいたのは、学校がっこう法人ほうじん三幸学園さんこうがくえん 飛鳥未来あすかみらい高校こうこうちゅう高校生こうこうせい19めいです。

 んぼのまわりのものについては、大阪市おおさかしエコボランティアの中谷なかたに憲一けんいちさんに講師こうしをしていただきました。

 まず最初さいしょに、「おこめ一生いっしょう」のビデオを視聴しちょういただき、本日ほんじつ田植たうえの仕方しかたしろかきの方法ほうほうについて説明せつめいおこないました。

 

 今回こんかい田植たうえに使つかなえは、古代こだいまい黒米くろまいです。そのには、古代こだいまい赤米あかまい)、うるちまい白米はくまい)やもちごめがあります。

 このなえは、本日ほんじつ田植たうえにうように農事のうじ小屋ごや温室おんしつで、12~15㎝の田植たうえにてきしたたけにまでそだてました。 

 しろかき体験たいけんをしていただきました。

 しろかきは、こしが完了かんりょうしたんぼにみずって、つちをさらにこまかくくだき、丁寧ていねいにかきぜて、つち表面ひょうめんたいらにする作業さぎょうで、つぎのような目的もくてき効果こうかがあります。

んぼの水漏みずもれをふせぐ。②つち表面ひょうめんならして、なえがムラなく成育せいいくするようにする。③なええやすくし、なえ活着かっちゃく発育はついくくする。④元肥もとごえをムラなくむ。⑤有害ゆうがいガスをき、有機物ゆうきぶつじゅく促進そくしんする。などです。

 田植たう体験たいけんをしていただきました。
 たいらなんぼに目印めじるしのテープがついたロープをって、よこ一列いちれつにならび目印めじるし沿って整然せいぜんえていきます。そうすることで、かぶ間隔かんかくそろい、いねにムラなくがあたり、風通かぜとおしもよくなるため、おおくの収穫しゅうかく期待きたいできます。
 なえは、3かぶほど鉛筆えんぴつつようにして、つちなかにしっかりとえつけます。

 しろかきと田植たうえがわると、なにわECOスクエア1かい研修けんしゅうしつにもどり、講師こうし大阪市おおさかしエコボランティアの中谷なかたにさんから、んぼ周辺しゅうへん生息せいそくするものはなしきました。 

 画面がめんはヒメタニシの画像がぞうで、右巻みぎまきのかいです。一方いっぽう、サカマキガイは、左巻ひだりまきのかいめずらしいそうです。

 写真しゃしんはトビズムカデです。

 写真しゃしんはキクヅキコモリグモです。

 その、ヨトウガのなかま(幼虫ようちゅう)、イモムシ、ヒメアメンボ、コミズムシ、チビミズムシ、などが生息せいそくしているとのおはなしがありました。

  参加者さんかしゃみなさんの感想かんそう一部いちぶ紹介しょうかいします。

しろごはんをべるときは、いろんなひと感謝かんしゃしてのこさずべようとおもった。
植物しょくぶつ昆虫こんちゅう図鑑ずかんひさしぶりにてみたい。
田植たうえに興味きょうみ関心かんしんがわいたので、田植たう様子ようす調しらべてみたい。
自宅じたく近所きんじょんぼをちが観点かんてん観察かんさつできるとおもった。