★5月鳥の日が、5月14日(土曜日)に行われました。

 前日の大雨からお天気が心配されましたが、なんとかもってくれて、無事に行うことができました。20めいかたにご参加さんかいただきました。講師こうし大阪市おおさかしエコボランティアの出島でじまさんと神田かんださんです。
 出発しゅっぱつまえに、講師こうしから初参加はつさんかかた双眼鏡そうがんきょう使つかかた説明せつめいがあり、そのあと大池おおいけけて出発しゅっぱつしました。
 

 コースは、大池おおいけからやまのエリアをめぐったあと自然しぜん体験たいけん観察かんさつえん鳥合とりあわせをおこな予定よていです。

 大池おおいけでは珍しいヨシガモを見ることができました。どうやら北に帰らずまだいるようです。あと、マガモ、ヒドリガモ、ツバメが池を渡る様子も見られました。

 

アオサギは、今年は3か所で子育てしていたようです。

アオサギ

コサギ
アオサギのヒナ

 山のエリアに入り、コゲラが穴を開けている木の説明がありました。枯れた木に巣を作るのは、虫がいて柔らかく掘りやすいため。たくさん穴をあけるのは、天敵から逃げやすいため。下の方に巣を作るのは、人がいる方が安心できるため。等々です。

 ムクドリ(左)や歩いているマガモ(右)にも遭遇しました。

 自然しぜん体験たいけん観察かんさつえんまでもどり、鳥合とりあわせをしました。

 雨上がりで見られた鳥の数は14種と少なかったですが、今回めずらしいヨシガモを見ることができました。()

 つぎとりは、6がつ11にち土曜日どようび)10からです。