田んぼの四季2022~田んぼで学ぶSDGs~ ①

 「田んぼの四季2022」の第1回開催に先立ち、環境局の赤松係長より、なにわECOスクエア及び自然体験観察園での講座等の紹介がありました。
 また、京都大学大学院生から「身近な自然体験などについてのアンケート等調査」についての参加者への協力依頼がありました。

 本日の参加者は17名で、講師は大阪市エコボランティアの忍 喜博さんと中谷 憲一さんです。
 本講座は、「田んぼの四季~田んぼで学ぶSDGs~」をテーマにして、生物多様性とSDGsを学んでいただくことを目的としています。

 雨もようだったので、まず、参加者の皆さんが実際に田植え等していただく田んぼの見学をしました。
 苗代づくり後に水中に浸けておくバットや鳥対策でネットをかけている状態を見もらいました。

 講師の忍さんから、1年間の米講座スケジュールの説明がありました。田んぼBには古代米、C・Dにはうるち米、E・Fにはもち米を植えます。
 生き物へ配慮して、農薬や化学肥料は使用せずに、堆肥やもみがらなどを使用します。また、鳥よけネットをかけたりしないので、収穫量は期待しないでくださいとのことでした。参加者は、今後、稲の生長データを取っていき、一年間の生育状況を調査していただきます。

 丈夫な種もみを選ぶ必要があるので、塩水の中にもみを投入して、沈んだ比重が重いものが良い種もみであるとの塩水選の説明・実演がありました。

 苗代づくり体験を行いました。種もみをまんべんなくまきます。  

 種もみをまき終えたら、上から鹿沼土と赤玉土をかぶせます。水の中に浸けておき、6月に15㎝~20㎝ぐらいに成長してくれれば田植えには最適です。

 講師の中谷さんから、田んぼに生息する虫のお話がありました。天気が良ければ虫取り網を持って採取していただく予定でしたが、あいにくの雨で、中谷さんが事前に撮影しておいた写真を見て、どのような生き物が生息しているかを学びました。

<左の写真はオオヨコバイ>

 

 本日、田んぼで見つけた虫は、オオヨコバイ・ヤドリバエの仲間・ナミテントウ・カタツムリ・ウスカワマイマイ・キセルガイの仲間などでした。


   <右の写真はナミテントウ>

 参加者から古代米の見分け方の質問がありました。白米との違いは、米粒に色が付いているもの(赤みがかった色・黒色・緑色)を総称して古代米と呼んでいるそうです。

 

 参加者のアンケートから一部を紹介します。
・お米を大切に食べるようにします。
・生き物の実物が見たかった。
・自然豊かなこの場所を活用したイベントを開催してほしい。