【レポート】幼児期指導者向け研修① 「こどものための環境教育」

12月23日(木)に、なにわECOスクエアで、大阪市内の就学前施設教職員を対象にした、幼児期指導者向け研修の第1回(実質3回目:第1回を緊急事態宣言中により延期)を開催しました 。  

講師は、引き続き、野たまご環境教育研究所代表の後藤 清史さんです。

第1回のテーマは、「身近なところで環境教育」です。園や公園など身近な場所でできる環境アクティビティを体験し、環境教育の指導者として、アクティビティを体験する園児たちとの関わり方について理解を深めました。

最初に、参加者に「今の気持ち」「今日の目的」など、それぞれの思いを紙に書いてもらいました。
その後、アイスブレイクのじゃんけんゲームで心や体をほぐしたあとで、自己紹介を行いました。
 

序盤の話の中で、同じクマでも、絵本での登場キャラクターと野生のものでは、食べているものや体の色など、随分違うところがあるということを参加者は改めて認識しました。

次に、2種類の動物の絵札をランダムに選び、その動物の同じところと違うところを出しあうアクティビティをしました。
違う所はすぐに思いつくけれども、同じ所はそれに比べて少ない上に気づきにくいと参加者は感じました。
 

その後2班に分かれて、絵の中に隠れている生きものたちを見つけていくアクティビティをしました。
使用した教材の中には、様々な虫や鳥などが描かれており、班員で見つけ合って印をつけたあと、2つの班で比較して確認し合いました。
こういったことも、幼児期の環境教育の一つの手法であると参加者たちは感じ取っていきます。
 

午後からは野外でのアクティビティです。
はじめに2人1組になって、片方の人が自分の服装などの一部を変化させ、もう片方の人はその場面を見ないで何が変わったか当てるというゲームをしました。
 

そして少し移動して木々の生えているところで始まったのは、紙袋に入っている葉っぱと同じ物を探すといったアクティビティの体験です。
様々な樹木が生い茂る中、葉の特徴を注意深く観察しながら同じ葉っぱを探します。
 

ふと木々を見上げると野鳥を見る事ができました。
写真左はコゲラ、右はメジロ。
木に潜んでいる虫たちを食べに来ている様子でした。
キツツキの仲間であるコゲラは、コツコツと音をたてて、木を突いていました。
参加者はこういった動く生きものを見つけ観察しながら、幼児期教育のポイントの一つとして感じ取ります。
 

池を訪れました。水温の低い冬の池は、生きものの活動が鈍りますが、それでも生きものの動いた痕跡が残っています。後藤先生のレクチャーを受けながら参加者は注意深く観察しました。
 

次は2人1組になり、どの木に誘導されたか当てるゲームを体験しました。
やり方は、片方の人が目をつむってグルグル回った後、もう片方の人に手を引かれ足元に注意しながら誘導された木を触れたりして覚え、また違うところに誘導されてグルグル回転した後に目を開けるというものです。
足から伝わる地面の角度の感覚、目をつむって感じ取る太陽の位置、触れた木の触覚などを最大限に使ってどの木だったのか当てていきます。
参加者は楽しみながら学習しました。
 

また、木の種類によって、触れた時の硬さや質感、温度が違うことを学びました。
 

次は、後藤先生が準備された左記写真のフィギュアを自然の中に見え難くなるよう隠して、それを見つけるゲームをしました。

隠す側の人は、決められた範囲内で、思い思いの場所に体の一部が見えるようにしてフィギュアを隠していきます。
  

写真は、畑の落ち葉にうまく隠れているライオンの様子。
これはさすがに見つけることができなかったようです。
 

その後研修室に戻り、色画用紙と自分の手形足形を使ってクリスマスで定番のトナカイを作りました。
 

写真は出来上がったトナカイの様子。
個性溢れる作品に、会場では笑いも起きていました。

最後は、ふり返りを行いました。
本日体験したことを思い出しながら、今後についての意気込みを語りました。

参加者からは、「生きものを通じて同じ所、違う所に気づくことを、数人で意見を出し合うことが、一番印象に残っています。自分では気づかなかった他者からの視点を聞き、感じ方は人それぞれであること、多様性に気づくことができました。」との感想をいただき、更に「保育の中にも取り入れていきたいと思いました。」や、「自分の保育を見直せるよい機会ともなりました。」といったように意識向上も見られたことから、今回も幼児教育者にとって次へと繋がる大変充実した研修となりました。