【レポート】大阪市環境局×大丸心斎橋 SDGs DAYS 「紙芝居で学ぶSDGs がんばれナマコ君②」@大丸心斎橋店

10月23日(土曜日)、24日(日曜日)に、気軽にたのしく「SDGs」について学べるイベントを大丸百貨店心斎橋店で開催しました。大丸心斎橋店では10月をSDGs強化月間としてさまざまな企画を実施、その一環として、大阪市と協働しお子様を対象とした、気軽に楽しく「SDGs」について学べるワークショップを開催しました。


10月24日(日曜日)の昼からは「紙芝居で学ぶSDGs がんばれナマコ君」を開催しました。
講師を務めて頂きますのは、株式会社えとこえの藤井一代表取締役CCOです。
 

「がんばれナマコくん」紙芝居では、筋肉や脳のない「ナマコ」くんのシンプルな物語からSDGsのいろいろなテーマを感じることができました。
また「人造生物クリオーネ」なども演じて頂き、大量生産・大量消費について考えるいい機会となりました。
  

後半のワークショップでは、4枚の紙を利用して絵を描き、自分たちで紙芝居を作成しました。
思い思いに、海の生きものの絵を描いていきます。藤井講師は、その絵を見て即興で紙芝居として読み上げる技を披露しました。
 

参加者は、自分の描いた紙芝居を、前に出て読み上げました。
 

皆さん、SDGsのことについて紙芝居で楽しく学びながら理解できた講座となりました。