中学校指導者向け研修「おおさか環境科を使って生徒の思考力、判断力を育てます!」

 令和3年11月17日(水曜日)と19日(金曜日)に、中学校指導者向け研修の講座を実施しました。両日とも同内容で行いました。参加者はどちらかに参加いただきました。

 講師は、河合典彦先生です。おおさか環境科の編集に携わっておられます。

 今回の研修会では、おおさか環境科(中学校編)第5章「生物多様性」に焦点を絞ってお話されました。

 最初に、生物多様性に深くかかわるSDGsについて話されました。

 次に、淀川における生物多様性の保全について、イタセンパラを例に話されました。

 淀川にも特定外来生物による影響が及んでいます。

 講義の内容は、なにわエコスタイルのYouTubeサイトに公開されていますので、ご覧ください。