【レポート】図書館 de ECO「ふろしきエコバッグでエコライフ!」@西淀川図書館

 11月23日(火曜日・祝日)に、西淀川図書館で「ふろしきエコバッグでエコライフ!」を開催しました。
 講師は、 大阪市エコボランティアの長谷川勝美さんです。

 最初に、ふろしきの結び方を学びました。

 結び方は、2つしかありません。一つ結びと真結びです。写真は、真結びです。

 この2つの結び方を使った様々な包み方を教えていただきます。

 エコバッグです。ふろしき一枚を持っていれば、いつでもどこでもバッグに早変わりします。

 細くて長いものを包む包み方も教えていただきました。

 スイカ包みといって、たくさんのものを入れるのに最適です。

 その後、長谷川さんからお買い物時のエコバッグだけでなく、災害時にはリュックとして、また防寒着やスカーフ代わりのおしゃれアイテムとしての使い方なども教えていただきました。

 2枚のふろしきを組み合わせてつくったリュックサックです。

 一枚は肩紐に、もう一枚は、袋にします。

 大きめのふろしきを用意しておくと、災害時の着替えにも活用できます。

 参加者の感想の一部を紹介します。

・災害時の行動にぜひふろしきを活用したい。
・防災グッズの中に、さっそく入れておきます。
・あらたなエコバッグを購入せずに、ふろしきを活用したい。
・淀川が近いので、洪水がとても心配です。防災対策はこれからとても重要となります。