★10月草木の日が、10月23日(土)に行われました。

 今回は「木の実・草の実」をテーマに、自然体験観察園内の草木の観察とネイチャークラフトを行いました。参加者は9名でした。

 最初に、「チカラシバ」を見つけました。根が強く、引き抜きにくいことから名づけられました。

 次に、「ジュズダマ」を見つけました。クラフトで使う分を採集しました。

 カラムシの葉に、大量のフクラスズメの幼虫がついていました。

 次に、「クサギ」を見つけました。葉に特有の臭気があることから名づけられました。実がすでに黒くなってきていました。

 次に、「マルバツユクサ」を見つけました。地中に白い花(閉鎖花)を咲かせるので、茎だけ刈っても繁殖します。

 クヌギの葉に虫こぶがついていました。虫こぶとは、昆虫その他の小動物の寄生によって刺激され、葉・茎・根などの組織が異常に発達してこぶ状あるいは特殊な形状となったものをいいます。

 各自取ってきたジュズダマを手やゼムクリップを使って穴をあけていきます。

 テグスを通して完成です。

次回の草木の日は、11月27日(土)です。ぜひ、ご参加ください。