鶴見緑地はビオトープ「自然体験観察園は『生き物たちのすみか』その1」

 今年度こんねんどのビオトープ講座こうざは、新型しんがたコロナウイルスまんえん影響えいきょうで5がつ実施じっし予定よてい何度なんどとなく延期えんきになりました。そのため、だいかいだいかい講義こうぎは11がつになり、大阪市おおさかしエコボランティアさんによる自然しぜん体験たいけん観察かんさつえん見学けんがく講座こうざさき実施じっしされることになりました。

 10がつにち日曜日にちようび)は、そのだいかいです。講師こうしは、大阪市おおさかしエコボランティアの 桝元ますもと 慶子けいこさん、にん 喜博よしひろさん、中谷なかや 憲一けんいちさんです。
 野草やそう広場ひろば実生みしょうりん雑木林ぞうきばやし湿地しっちもの配慮はいりょした維持いじ管理かんり方法ほうほう体験たいけんするとともに、湿地しっち再生さいせい実生みしょうりん創生そうせい経緯けいい今後こんごについてまなびます。

 桝元ますもとさんからは、SDGsおよ生物せいぶつ多様性たようせいまなとして自然しぜん体験たいけん観察かんさつえんがあるというはなしをされました。

 また、自然しぜん体験たいけん観察かんさつえんは、「大阪市おおさかし生物せいぶつ多様性たようせい戦略せんりゃく」の関連かんれん施設しせつとして位置いちづけられています。

 つぎに、中谷なかやさんから、ビオトープとは、おおきくはもの生息せいそく場所ばしょのことをさし、自然しぜん体験たいけん観察かんさつえんは1998ねん平成へいせい10ねん)に里山さとやま再現さいげんしてつくられ、自然しぜん体験たいけん観察かんさつえん全体ぜんたいがビオトープとしてとらえられています、というはなしがありました。

 つぎに、おしさんから、野草やそう広場ひろば再生さいせい実生みしょうりん創生そうせい湿地しっち計画けいかくについてのおはなしがありました。
 

 これらのプロジェクトは、自然しぜん体験たいけん観察かんさつえんまもっていくことを目的もくてきとするのでなく、ほうにそこから環境かんきょうについてまなんでもらうことに主眼しゅがんがおかれています。そして、みんなでその維持いじ管理かんりについてかんがえていきます。

 講義こうぎのあと、実際じっさい自然しぜん体験たいけん観察かんさつえんにでかけました。

 なにわECOスクエア1かい研修けんしゅうしつにもどり、中谷なかやさんから、今日きょうつけたものについてはなしきました。

 写真しゃしんは、ホシミスジというチョウの仲間なかまです。はねにはしろ斑点はんてんおびのようにならんでいて、そのおびが3ほんはいっているのが特徴とくちょうです。

 次回じかいは、10がつにち土曜日どようび)「ものたちのすみか」その2です。んぼ、蓮田はすだはたけいけをめぐります。