藍を育て、藍で染め、藍で環境を学ぶ連続講座2021 第1回

 8月1日(日)に「藍を育て、藍で染め、藍で環境を学ぶ連続講座2021」の第1回を実施しました。

 この講座は、大阪市エコボランティアが企画し、運営する連続講座です。

 はじめに、なにわECOスクエア1階研修室で、本日の講座内容についての説明がありました。

 

 その後、自然体験観察園の畑へ移動し、班ごとに、順番でタデの生葉の刈り取りと、タデ以外の草抜きをしました。タデは根元から15㎝ぐらいのところで刈ります。

 なにわECOスクエア1階研修室に戻り、参加者が各自で用意した布に、好きなステンシル型を用いて生葉染めをしました。みなさん、楽しく体験されていました。  

 

 

 残ったタデを茎と葉に分ける作業をしました。

 7月にスタッフが事前に収穫し、乾燥させておいたタデも、茎と葉に分けました。

 

 葉分け作業の後、畑にいた昆虫や小動物の説明をしていただきました。

 参加者アンケートより、

 ・藍を育ててみたいと思いました。
 ・藍を植えていますが、染め方をインターネットからではなく講座を受講して知りたいので、3回目の講座を楽しみにしています。
 ・ボランティアスタッフの方々が熱心に指導してくださり、よくわかりました。ありがとうございました。

 などの感想をいただきました。次回は、9月12日(日)です。内容は「2番刈り、葉分け」です。