★3月虫の日が、3月20日(土)に行われました。

 本日のテーマは、「早春の虫探し」です。

 まず、1階研修室で「カイガラムシ」についてのお話を聞きました。

 「カイガラムシ」は、植物から吸い取った栄養のほとんどが糖であるため、分泌物の一部は糖の形で甘露として排出します。また、ワックスエステルなどの蝋質の分泌物を体表から分泌し、その分泌液で体が覆われています。これを、虫体被覆物といいます。

 「ラックカイガラムシ」の虫体被覆物を抽出、精製した物をシェラックと呼び、チョコレートのコーティングにも使われます。

 お話のあとは自然体験観察園で虫探しと観察を行いました。

 コウホネ池の西側のウツギの幹に「オオワラジカイガラムシ」を10匹ほど見つけました。

 また、南側のウメの木には「タマカタカイガラムシ」をみつけました。

 貝殻のような殻に覆われており、バラ科の樹木に集団寄生します。ひどいと、樹木が枯れてしまうこともありることを学びました。

 ハンノキの説明版の裏側には「ヒロヘリアオイラガ」の繭の抜け殻や「カタツムリ」が隠れていました。

 「ヒロヘリアオイラガ」の繭の抜け殻には、幼虫の時の毒針が残っている場合がありますので、見つけても触らないようにしましょう。

 その他にも、「ハラビロカマキリ」の卵や「テントウムシ」なども見つけました。

 なにわECOスクエアに戻って、屋上庭園の「カブトムシ」の幼虫の引っ越しを行いました。

 屋上庭園では、昨年の秋に卵から孵った幼虫を20匹ほど飼育ケースで育てていました。

 カブトムシの幼虫は腐葉土などの土を食べて大きくなります。