★3月草木の日が、3月27日(土)に行われました。

 今回こんかいは「はるはなさがし」をテーマに、自然しぜん体験たいけん観察かんさつ園内えんない草木くさき観察かんさつとネイチャークラフトをおこないました。

 このは、天気てんき散策さんさく日和びよりになりました。

 はじめにみつけたのは「セイヨウタンポポ」です。

 タンポポはたくさんのはなびらがあつまっているようにえますが、じつはなびらとえるのは、それぞれがひとつのはなであることや、「セイヨウタンポポ」と「カンサイタンポポ」の見分みわかたまなびました。

オオイヌノフグリ
キュウリグサ
タチイヌノフグリ

 「キュウリグサ」はむとキュウリのにおいがしました。

ホトケノザ
ヒメオドリコソウ
ヤハズエンドウ

 「ホトケノザ」「ヒメオドリコソウ」「ヤハズエンドウ」は、実生みしょうりんはたけなど自然しぜん体験たいけん観察かんさつえんのいたるところでつけられました。

 んぼには「スズメノテッポウ」「レンゲソウ」「はな」がいており、北側きたがわには「ラッパスイセン」「サンシュユ」「ツバキ」などさまざまな草木くさき観察かんさつしました。

 湿地しっち北側きたがわには、「カリン」「ハナズオウ」がキレイなはなかせており、参加者さんかしゃおもわず写真しゃしんっていました。

 ここ最近さいきんあたたかいつづいたので、鶴見つるみ緑地りょくち公園こうえんないのソメイヨシノも満開まんかいでした。

 「ハナノキ(ハナカエデ)」のはなすこることができました。

 なにわECOスクエアにもどってからは、メタセコイヤのやクヌギのガクト、木材もくざいなどを使つかってクラフトをおこないました。

 自然しぜん体験たいけん観察かんさつえんでつんできたはななどもかざり、おもおもいにをクラフトをたのしみました。