【レポート】エコブローチをつくろう!@天王寺図書館

 3月28日(日)に、天王寺図書館で、「エコブローチをつくろう!」の講座を開催しました。講師は、大阪市エコボランティアの黒野治美さんです。運営補助として、同じく大阪市エコボランティアの磯部さんと戸開さんにお手伝いいただきました。

 エコブローチは、いろいろな種類の種や実の中から好きなものを選んで台紙に貼りつけるだけなので、とても簡単にできます。また、自然のものや、私達が普段捨ててしまうものを使うので、リサイクルにもなります。 

 参加者のみなさんは、作品見本を参考にしながら、用意された20種類ほどの種や実の中から、自分の好みのものを選びます。かぼちゃや梅干しなど普段の生活でよく見かける種から、くらかけ大豆、カシワなど珍しい種まで並べると、見ているだけでも楽しめます。

 台紙からいっぱいにはみ出してたくさんの種を貼り付けていく人や、小さな種をピンセットでひとつひとつていねいに向きをそろえながら貼っていく人など、個性あふれるオリジナルブローチが出来上がりました。

 みなさん、集中して2つ、3つと作品を完成させていきました。 講師からは、「物を捨てる前に、何かに利用できないかを考えること。そして、身近にある自然のものを利用していくことが大切である。」と、物を大事にする意識を持つことが大切であることをお話いただき、身近にできる環境活動や3R(リデュース・リユース・リサイクル)についても参加者の方に考えていただきました。