【レポート】災害に備えよう!親子チャレンジクッキング

 3月20日(土)災害に備えよう!親子チャレンジクッキングを住之江区のマクドナルド住ノ江トイザらス店で開催しました。

講師は、 NPO法人エコサイクルネットワーク代表理事の小玉敏子さんです。

地球温暖化の「適応」の一つである「災害への備え」で防災クッキングの動画を見ました。最近の異常気象など身近に起きていることの原因を学びました。災害時は、ライフラインが止まります。ライフラインが止まれば、日常では当たり前にできたことができなくなって困るということを普段から考えることが大事です。水は貴重品となり、鍋などを洗わずに済む方法やレシピの説明がありました。一週間の献立の紹介もありました。

早速、お米をポリ袋に入れて湯煎します。(30分)

続いて、焼き鳥の缶詰の中身と生卵とねぎをそれぞれポリ袋に入れて湯煎します。

親子丼の出来上がりです。

蒸しパンは、ホットケーキの粉をポリ袋に入れて水を加えて揉んで生地を作ります。

それを湯煎すると、蒸しパンの出来上がりです。

完成です。

試食をしてみると、いずれも温かくおいしい出来上がりでした。

「災害時の食事の大切さがわかりました。」「調理が楽しく実践することができました。」「災害時に準備をしっかりして備えたい」との意見がありました。