捨てられたごみはどうなるの?

実施内容
森に住むウサギとクマが、増え続けるごみで困っています。博士を呼んで、どうにすればいいのか聞きましょう。ごみについてクイズやイラストで学び、廃物(使用済み牛乳パック)を利用してビックリ箱を作ります。
平均所要時間60分
定員40名
参加費300円×人数
準備物・はさみ(参加人数分)
・ホワイトボード
・ブルーシート
その他【参加者の持ち物】
牛乳パック1リットル2ヶ
実施団体NPO法人体験学習ネットワーク・大阪府地球温暖化防止活動推進センター
(一般社団法人 大阪府みどり公社)
POINT□ 残さず食べる。食べ物の重要性を伝える
□ 物品を購入するときに、本当に必要なのかを考えて購入することの大切さを伝える
□ ごみを捨てたり、処分することが環境にダメージを与えることを伝える

プログラム申込みフォーム