みんなで守る!みんなで助かる!
環境問題と防災を考えるワークショップ

実施内容
「金曜日の9:30に南海トラフ地震が発生」という想定で、災害が発生してからその日の夜まで、どこにいて、誰と、何をしているのかを想像してみましょう。子どもと一緒に水害について考える絵本教材も活用できます。
平均所要時間60~120分
定員20名〜
参加費無料
準備物・机(動かせるもの)
・いす
・電源
・プロジェクター
・パソコン
・スクリーン
その他・ホワイトボード(準備が可能な場合)
・プロジェクターなどがない場合も対応可
実施団体あおぞら財団
(公益財団法人 公害地域再生センター)
POINT◇ 災害から命を守るための備えを学びます
◇ 援助が必要な人と一緒に助かる方法を学びます
◇ 環境問題と災害の関係について知ります

プログラム申込みフォーム