みんなで「湿地」を再生!プロジェクト ~観察園はまるごとビオトープ~

 いろんなものがおたがいに関係かんけいをもってらしていける空間くうかんたとえば草地くさちかわはやしもり湿地しっちなど、むかしからものがいっぱいいるところを「ビオトープ」といいます。
 自然しぜん体験たいけん観察かんさつえんは、全体ぜんたいがビオトープです。雑木林ぞうきばやしんぼ、いけなどいろんな種類しゅるいのビオトープがあります。
 今回こんかい自然しぜん体験たいけん観察かんさつ園内えんないに、湿地しっち再生さいせいすることになりました。


 この作業さぎょうはNTT西日本にしにほん大阪おおさか支店してん職員しょくいんみなさんと大阪市おおさかしエコボランティアおよ大阪市おおさかし環境かんきょうきょく協働きょうどうして実施じっししています。

 今回こんかい、NTT西日本にしにっぽん大阪おおさか支店してんより、 おおくの職員しょくいん皆様みなさまにボランティアとしてご参加さんかいただいているほか、 ビオトープづくりに必要ひつよう遮水しゃすい保水ほすいざいをはじめ、縁石えんせきやショベルなど資材しざいのご提供ていきょうをいただきました。生物せいぶつ多様性たようせい保全ほぜん寄与きよするよう、プラスチックけい資材しざいえらばず、遮水しゃすい保水ほすいとしてベントナイトという粘土ねんど鉱物こうぶつえらぶなど、自然しぜん体験たいけん観察かんさつえん趣旨しゅし沿った資材しざいとなっています。
 また、大阪市おおさかしエコボランティアさんには、作業さぎょう内容ないよう計画けいかく立案りつあん実施じっし報告書ほうこくしょ作成さくせい工程こうていさい検討けんとうなど、湿地しっち再生さいせい作業さぎょう全体ぜんたいのコーディネートおよ実働じつどうになっていただきました。

NTT西日本えぬてぃてぃにしにほん地球ちきゅう環境保護かんきょうほご活動かつどう
 NTT西日本えぬてぃてぃにしにほんグループは電力でんりょくエネルギーを大量たいりょう使用しよう(CO2を排出はいしゅつ)する企業きぎょう責務せきむとして、地球ちきゅう環境保護かんきょうほご活動かつどうんでいます。
 その活動かつどうのひとつとして、生物せいぶつ多様性たようせい保全ほぜん活動かつどう取組とりくみである「みどりいっぱいプロジェクト」を展開てんかいしています。このたび大阪おおさか支店してん取組とりくみとして、大阪市おおさかし鶴見緑地つるみりょくちない自然しぜん体験たいけん観察かんさつえんすすめる水田すいでん跡地あとち再生さいせい湿地しっち積極的せっきょくてき協力きょうりょくし、協働きょうどうしてんでいます。

 これまでの活動かつどう紹介しょうかいします。

2019ねん11がつにち 土曜日どようび

 湿地しっち再生さいせいけたはつ作業さぎょうです。NTT西日本にしにほん大阪おおさか支店してん職員しょくいんみなさんと協働きょうどうしてすすめる湿地しっちプロジェクトです。
 最初さいしょに、エコボラさんから本日ほんじつ作業さぎょうについて説明せつめいがありました。今回こんかいは、そこつちはこ作業さぎょうです 。おもった以上いじょうつちおもたく、るのもはこぶのもじゅう労働ろうどうでした。

2019ねん11がつ23にち 土曜日どようび

 前回ぜんかい作業さぎょうつづき、さらにふかげます。あさ部分ぶぶんで40cm、ふか部分ぶぶんで60cmをめざしてすすめ、つちはこします。結果けっか想定そうてい以上いじょう深度しんどになりました。このうえ遮水しゃすいそうかさね、さらにもとのつちおおうので、最初さいしょはかなりふかげました。

 

2019ねん12がつ14にち 土曜日どようび

 今回こんかい天気てんきめぐまれました。NTT西日本にしにほん大阪おおさか支店してんから参加さんかいただいたのは総勢そうぜい36めいとなり、つちひとはこひとわかれ、作業さぎょうはどんどんすすみます。

 また、ご参加さんかいただいたほうに、自然しぜん体験たいけん観察かんさつえんという場所ばしょもの住処すみかとなるよう、自然しぜん体験たいけん観察かんさつえん全体ぜんたいをビオトープととらえて維持いじ管理かんりしていることなど、環境かんきょう学習がくしゅうとして運営うんえいしていることを、エコボラさん運営うんえいスタッフと一緒いっしょ現地げんちあるいて実感じっかんしていただく機会きかいともなりました。

 

2020ねんがつ18にち 土曜日どようび

 今回こんかいは、いよいよベントナイトをあつかいます。みずったあとの水漏みずもれをふせぐため、ベントナイトの遮水しゃすいせい保湿性ほしつせい利用りようします。こなまないように、ぼうじんマスクをつけて作業さぎょうしました。

 ベントナイトとつちわせて底面ていめんめます。均一きんいつむため、何度なんどかえしてはぜる作業さぎょうかえします。
 また、粗朶そだ(そだ)をつくるため、倒木さかきえだりそろえまとめるひとなど、分業ぶんぎょうしてどんどん作業さぎょうすすんでいきます。 さらに、後日ごじつにわたり、エコボラさんによる粗朶そだたばづくりもすすめられました。

粗朶そだ(そだ):水面すいめんうごきによる側面そくめんへの衝撃しょうげきおさえ、かつ水生すいせい動植物どうしょくぶつのすみかにもなるよう、えだなどを利用りようしてつくります。

 作業さぎょう、ベントナイトがざったつち水分すいぶんふくむと、あらとすのが大変たいへんなことにびっくりしました。

 

2020ねんがつにち 土曜日どようび

 今回こんかいは、側面そくめん斜面しゃめん)を、ベントナイトとつち混合物こんごうぶつにしていきます。ゆるやかな傾斜けいしゃをつけるよう混合物こんごうぶつさかってはたたいて地盤じばんかためるなど、根気こんきのいる作業さぎょうつづけます。仕上しあがりは、ずいぶんと傾斜けいしゃがつき、理想りそうかたちちかづきました。
 作業さぎょう、ベントナイトがこんじって粘土ねんどじょうになったつちを、用具ようぐ長靴ながぐつからあらとして、作業さぎょう終了しゅうりょうしました。この作業さぎょうが、おもった以上いじょう大変たいへんでした。

2022ねんがつにち 日曜日にちようび

 前回ぜんかいから2ねんあいだ新型しんがたコロナウイルス感染症かんせんしょう拡大かくだい防止ぼうしのため、NTT西日本にしにっぽん大阪おおさか支店してん職員しょくいんみなさんとの共同きょうどう作業さぎょう中止ちゅうしとなっていましたが、作業さぎょう再開さいかいしました。

 今回こんかいは、ベントナイトが有効ゆうこう機能きのうしているかの確認かくにん覆土ふくど作業さぎょうです。まず、覆土ふくど使つか土砂どしゃまえもって蓮田はすだからしておいた)をはこんできます。そのあいだに、ベントナイトそうあつさを調しらべます。当初とうしょ想定そうていよりおおきいところで20すうcmはありました。つぎに、凹凸おうとつのできたベントナイトそう底面ていめん)をならし、そのうえ蓮田はすだつちかぶせます。そのあとつちかためるのですが、法面のりめん湿気しっけがたまっておりまえもってんだいた使つかって慎重しんちょうかためます。
 次回じかいは、3がつにち日曜日にちようび)に、粗朶そだ設置せっちおこな予定よていです。

2022ねんがつにち 日曜日にちようび

 今回こんかいは、粗朶そだ(そだ)を固定こていする作業さぎょうで、いけきし浸食しんしょく防止ぼうし目的もくてきとして実施じっしします。まず、レーザーれーざーこう水準器すいじゅんき使つかっていけ法面のりめん水面すいめんだか表示ひょうじします。そして、そのたかさに粗朶そだ(2ねんまえにNTT西日本にしにっぽん大阪おおさか支店してん職員しょくいんみなさんとと協働きょうどう製作せいさく)をそろえてき、あさひもでつないでいきます。最後さいごに、粗朶そだうえ蓮田はすだつちかぶ固定こていします。この作業さぎょうによって、ようやく目標もくひょうとする湿地しっち姿すがたはじめました。
 次回じかい作業さぎょうは、4がつおこな予定よていです。

2022ねんがつ10にち 日曜日にちようび

 今回こんかいは、水面面積の測定と通路の盛土です。まず、割竹を湿地の周囲に約1m間隔に立てます。次に、レーザーれーざーこう水準器すいじゅんき使つかって、水面より約20cm高い場所を竹にテープをはって明示していきます。その後、基準点から割竹までの長さを測っていきます。後日、図面におこして面積を割り出します。

 また、周囲の西側の低い場所に土を盛って、池の水が道の方に乗り越えられないようにしました。

 次回じかい作業さぎょうは、4がつ17日で水質検査をおこな予定よていです。

2022ねんがつ17にち 日曜日にちようび

 今回は、水質検査と盛土(粗朶周辺)です。NTT西日本
にしにほん大阪
おおさか支店
してん
職員
しょくいん
の方2名が参加されました。再開後、初めての共同作業です。

 そこで、2019年からの取り組みの振り返りから行い、今後の作業予定について話し合いました。次に、湿地に出かけ、水質検査をしました。pH値は、一週間前よりもアルカリ性が強くなっていました。検査後、ポンプを働かせて水を抜きました。また、粗朶周辺における防水の効力が少し弱く思われたので、蓮田にあった粘土質の土で補強し防水能力を高めました。

 次回は、5月の予定です。()