【自然体験観察園講座(オンライン)】水辺の生きもの~コウホネ池のカイボリ ~

  「カイボリ」とは、ため池の水を冬場に抜き、積もったヘドロや土砂を取り除くことをいいます。
 冬は寒いので生きものはじっとして過ごします。そこで、「カイボリ」にあわせて、水辺の生き物を観察します。

在来種?外来種?

 自然体験観察園のため池の水を減らし、池の中にいる生きものを、アミなどを使ってつかまえます。池の底にたまっている泥や落ち葉をのぞいてそうじした後、在来の生きものを池にもどします。

 また、外来の生きものの取り扱いについて学びます。

この講座は、SDGsの

等の達成につながります。※SDGsについて詳しく知りたい方は環境省HP

日時令和3年3月7日(日)10:00〜12:00
実施方法オンラインにて
・Zoomミーティングを活用して実施します。
・参加者にだけ、参加IDとPWをお知らせします。
・希望者には、練習日時を設定しZoomの使用方法を学んでいただけます。
注)スマートフォンでも参加できますが、データ通信料が多くかかります。ご自宅のWiFi回線での参加をお勧めします。
講師河添 純子 (大阪湾海岸生物研究会)
岡本 晋弥 ((一財)環境事業協会)
内容・カイボリとは
・コウホネ池にいた生き物の観察
・在来種と外来種の違い
・外来種についての「紙芝居」
対象どなたでも(お子様は保護者の方といっしょにZoomでご参加ください)
定員15名(先着順)
※締め切り 令和3年3月6日(土)16:00
参加費無料
申込み方法このページ下の申込フォーム、または、電話、FAX、メール、なにわECOスクエア来館にて
・参加者全員のお名前(年齢)
・お住まいの市区町村
・連絡先電話番号とメールアドレス
上記をお伝えください。
申込・お問い合わせなにわECOスクエア
〒538-0036 大阪市鶴見区緑地公園2-135
電話 06-6915-5820
FAX 06-6915-5824
E-mail eco-sq@naniwa-ecostyle.net
主催大阪市環境局
運営環境事業協会・ネイチャーおおさか共同企業体

お申し込みフォーム


    ①はじめて②Zoomが使える


    ①参加する②参加しない
     ※練習希望者には後程メールでおしらせします。