<大阪府からのお知らせ>おおさか気候変動適応センター成果発表 「環農水研シンポジウム どうなんの?どうしたらエエの?気候変動適応」

 

気候変動は、農業や漁業、身近な自然にも少しずつ影響を及ぼしつつあり、「適応」が重要となってきています。

 気候変動は、農業や漁業、身近な自然にも少しずつ影響を及ぼしつつあり、「適応」が重要となってきています。

 おおさか気候変動適応センターでは、環境省の委託事業を活用し、農業や漁業の現場へのヒアリングや、身近な生き物の観察を通して、気候変動の影響に関する情報収集に取り組みました。

 このたび、情報収集した成果発表として、以下のとおりシンポジウムを開催しますので、お知らせします。シンポジウムでは、成果発表に加え、国立環境研究所や大阪府立大学の専門家、(地独)大阪府立環境農林水産総合研究所(以下「環農水研」という)の研究員をパネリストに迎えたトークセッションや、視聴者の方々の「どうなんの?どうしたらエエの?」にパネリストがお答えする質問コーナーを設けています。

 多くの皆様のご参加、お待ちしております。

日時 令和3年2月22日(月曜日)14:00~16:15
場所 WEB開催
講師西廣 淳(国立環境研究所 気候変動適応センター 気候変動影響観測・監視研究室 室長)
平井 規央(大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科 教授)
森川 信也(環農水研 食と農の研究部 園芸グループ グループリーダー)
大美 博昭(環農水研 水産研究部 水産支援グループ グループリーダー)
田村 友宣(大阪府環境農林水産部エネルギー政策課温暖化対策グループ 課長補佐)
日下部 敬之((地独)大阪府立環境農林水産総合研究所 理事)
プログラム (1)開会挨拶:環農水研 理事長 石井 実
(2)トークセッション:農業、水産業、自然生態系の各分野の情報収集成果を発表するほか、パネリストの方々と今後の対策などをお話します。
(3)環農水研の研究成果:気候変動への最新の対策技術を紹介します。
(4)質問コーナー:視聴者の方々から受け付けた質問にパネリストがお答えします。
対象一般市民
定員 500名(先着順)
参加費 無料
持ち物ZOOM ウェビナーにて開催しますので、
インターネットに接続できる環境が必要です
申込み方法 「セミナー申込フォーム」にてお申し込みをお待ちしております。
https://www.kannousuiken-osaka.or.jp/ssl/symposium/join/  
申込み締切 令和3年2月15日(月曜日)必着
申込・問合せ先 https://www.kannousuiken-osaka.or.jp/ssl/symposium/join/
地方独立行政法人 大阪府立環境農林水産総合研究所
環境研究部 技術支援グループ 担当:高井、今立
企画部 企画グループ  担当:福田
TEL:072-958-6551(代表)/FAX:072-956-9691(代表)
問合せ可能日時:平日 9:00~17:30
主催 大阪府、(地独)大阪府立環境農林水産総合研究所