生ごみから土づくり~いのちのめぐり~

たくさんのご応募ありがとうございました。本講座は募集を締め切りました

大阪市の家庭から出るごみの約27パーセント(※1)が厨芥類(食品系の生ごみ)です。生ごみ(野菜クズなど)から堆肥を作り、ごみの減量をしながら命の循環や微生物の働きなどを学びましょう!

畑で、作った堆肥を使って実際に野菜を育てましょう!

家で、夏休みの自由研究にも最適な「ダンボールコンポスト」の使い方を学びましょう!

※1 大阪市「令和元年度の家庭系ごみ組成分析調査結果」より


この講座は、SDGsの
 2 飢餓をゼロに
 12 つくる責任つかう責任
 15 陸の豊かさも守ろう 等の達成につながります。
SDGsについては、環境省ホームページを参照ください。

日時・内容第1回 令和3年7月18日(日曜日)13:30〜16:00
・堆肥と微生物のお話
・生ごみで堆肥を作ろう!
 自然体感観察園で持参した生ごみから堆肥作りを体験
・ダンボールコンポストを学ぼう!
 集合住宅のベランダなどでも手軽にできる、ダンボールコンポストの作り方や使い方学びます
 ※ダンボールコンポスト用のダンボール箱と土壌改良材は事務局でご用意します。


ダンボールコンポストとは…
ダンボール箱に土壌改良剤を入れ、毎日生ごみを投入しよくかき混ぜ、微生物の力で生ごみを分解し堆肥を作る装置です。


第2回 令和3年9月5日(日曜日)13:30〜15:30
⇒10月3日(日曜日)10:00~12:00
 ・ダンボールコンポストの活用と応用を学ぼう
 ・畑に堆肥を入れて、種まきをしよう!
  1回目で作った堆肥を実際の畑で活用し、野菜を育てます
 ・ダンボールコンポストの近況や困ったことを話し合おう!
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、第2回の日程を10月3日(日)に変更します。(9.11更新)

第3回 令和3年11月3日(水曜日・祝)13:30〜15:30
 ・土壌菌と発酵菌のお話
 ・収穫体験をしよう!
  2回目で種まきを行った野菜の収穫を行います
 ・紙芝居「菌ちゃんの土づくり」
場所なにわECOスクエア及び自然体験観察園
講師小川 咲恵 (大阪市エコボランティア)
石川 由紀子(大阪市エコボランティア)
対象どなたでも(小学生以下は保護者同伴)
定員15名(応募者多数の場合は、抽選)
※締め切り 令和3年7月8日(木)16:30まで
参加費無料
持ち物・野菜クズなどの生ごみ(1回目だけ)
・軍手
※畑で作業をしますので、土がついてもいい服装でご参加ください。
申込み方法このページ下の申込フォーム、または、電話、FAX、メール、なにわECOスクエア来館にて
・参加者全員のお名前(年齢)
・お住まいの市区町村
・連絡先電話番号とメールアドレス
上記をお伝えください
申込・お問い合わせなにわECOスクエア
〒538-0036 大阪市鶴見区緑地公園2-135
電話 06-6915-5820
FAX 06-6915-5824
E-mail eco-sq@naniwa-ecostyle.net
主催大阪市環境局
運営環境事業協会・ネイチャーおおさか共同企業体

・新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、講座が中止または延期となることがあります。
・「マスクの着用」及び受付にて「体温測定」「手指消毒」等のご協力をよろしくお願いします。

お申し込みフォーム

たくさんのご応募ありがとうございました。本講座は募集を締め切りました