維持管理作業

 大阪市エコボランティアは、自然体験観察園の維持管理作業を自主的に行っています。
 基本とする作業日は、毎月第1土曜日の10時から12時です。この日は、多くのエコボランティアが集まって、決められた作業を行います。そのようすを紹介します。

○ 野草広場

 野草広場では、自然のままに野草を育てています。
 散策路の野草はしっかり刈りとり歩きやすくします。広場内の野草は、観察しやすいように背丈を考えて草刈りします。外来種は取り除きます。

○ 雑木林・実生林

 雑木林・実生林は、竹を使って落ち葉止めの柵をしています。その柵を毎回修理する作業を行っています。

 実生(種や実から育った)の木の成長を調査しています。

○ タデアイ

 毎年開催されている藍講座、そのタデアイを維持管理作業で育てています。間引いたり移植したりします。

○ 伝統野菜

 畑で伝統野菜を育てています。写真は、毛馬キュウリの棚を作っているところです。伝統野菜講座のための準備作業です。