なにわエコスタイル
TSURUMIコットンプロジェクト③ ~糸から布へ~
エリア:
鶴見区
 カテゴリ:
自然体験観察園
2019年09月21日 土曜日

TSURUMIコットンプロジェクトの最終回、コットンボールの摘み取り体験と紡いだ糸でくるみボタンを作りました。

自然体験観察園の畑では、5月に植えた小さな綿の苗は、大人の背丈を超えるまで大きく育っていました。

白・茶・緑の3種類の綿花の色、実のなり方の違いなどを観察しながら、実ったコットンボールをたくさん収穫してもらいました。

研修室に戻って、前回紡いだ糸を小さな段ボールの板を使って織り、布にしました。


最後はその布でボタンを作り、作品が完成!

3回の講座を通して小さな綿の苗が時間をかけて大きく育ち、花が咲き、実がなって、綿になる植物の成長の過程を観察してもらい、また綿が糸になり、糸が布になる工程を体験してもらいました。

講座を通して生活の中の「衣」も自然の恵みとつながっていることを実感していただけたようです。

(以下参加者アンケートより)

・一着の服に大量のコットンボールが使われていることを知りました。服一枚無駄にしないようにしたいです。

・来年からは家で綿を育ててみたい。

・自然の力のすごさや先人が色々工夫して衣服を作ってきたことを学べました。

・いろいろな天然素材に触れる体験を重ねたいと思います。