なにわエコスタイル
南津守小学校「校庭のいきものさがしと昆虫教室」
エリア:
西成区
 カテゴリ:
保育園・幼稚園・小学校での講座
2019年11月06日 水曜日

西成区の南津守小学校で「校庭のいきものさがしと昆虫教室」を開催しました。

1年生の71名が参加しました。

講師はカマキリ先生こと渡部 宏さん(昆虫科学研究センターISRC)。

まずは図書室でカマキリや昆虫について学びました。カマキリは何を食べるの?カマキリの天敵は何?天敵に襲われたらカマキリはどうするの?など、クイズや体験をしながら教えてもらいました。

校庭に観察に行く前に、触ってはいけない生き物についてお話がありました。ムカデやスズメバチなどは踏み切りや信号の色と同じ赤・黒・黄色の目立つ警告色をしていて自分が危険なことをアピールしています。

その後、カマキリ先生と一緒に校庭に出かけて昆虫を探しました。日が照って暖かくなった場所にバッタやクモがたくさん集まって日向ぼっこしている様子が見つかりました。

校庭で見つけた動物の糞にダンゴムシが集まっているのが見つかり、カマキリ先生からダンゴムシは糞や死骸を分解して土に返している大切な生き物ですというお話がありました。

校庭にもいろんな生き物がいる自然がある事、生き物にはそれぞれに役割がある事などを発見した講座になりました。