なにわエコスタイル
トノサマバッタ発見!
エリア:
平野区
 カテゴリ:
環境マインドを育てる連続講座
2017年06月18日 日曜日

今回は瓜破・大和川右岸を歩きました。6月中旬とはいえ、大変蒸し暑く、途中の観測では35℃を超えた地点もありました。ですが、皆さん、暑さをものともせず、街中に生息する多種多様な生き物を発見し、記録を進めていきます。

市営の瓜破霊園に入ると、「花塚山古墳」がお出迎え。市内では数少ない古墳ですが、とても大きな樹木がそびえたち、その木々の間で珍しい鳥の声が響き渡っていました。

広々とした霊園内では、色々な植物も見られ、参加者からは積極的に質問が飛び交いました。そこで、愛らしい花、ネジバナを発見。ラン科の多年草で、ねじれるように花をつけている姿が印象的ですね。

さて、霊園を抜けて大和川岸辺に入ると、トノサマバッタを発見!
立派な体格でした。

ただ、全体としては、外来種が繁茂しているところがあり、外来種の進出について考えさせられました。

今回は大変蒸し暑い日でしたが、街中をゆっくり探索しながら多様な生きものと出会うことできた講座となりました。


主催:大阪市環境局
運営:環境事業協会・あだーじょ共同企業体