なにわエコスタイル

鳥の日

 12月28日の鳥の日は、年末の最終土曜日にもかかわらず、17名の参加がありました。その内、鶴見区在住の2名、東京から来られた親子3名の外国人が参加されました。

 なにわECOスクエアを出発し中央通を大池に向かいました。大池では、ヒドリガモ、アメリカヒドリ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ヨシガモの9種のカモ科の鳥をはじめ、カイツブリ、アオサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、カワセミ、カワウが観察できました。双眼鏡で見たヨシガモは、首の部分の緑が鮮やかで綺麗でした。

 

 

 山のエリアでは、ハシボソカラス、ハシブトガラス、シジュウガラ、ヤマガラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ、アオバト、ドバト、コゲラが観察でき、コゲラの巣も見ることができました。高木の枝にとまっていたアオバトは、青色ではなく薄い緑色をしていて綺麗でした。

 

 天気が良く暖かかったので、34種類の鳥を観察することができました。

 次回の鳥の日は、1月25日(土)です。テーマは「冬の鳥を観察しよう」です。