お着物体験ファッションショー~着物から環境を考えよう~ 参加者募集中

※ 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた対応として、本イベントを中止いたします。

 令和2年3月15日(日曜日)に、市民参加による着物ファッションショーを行います。

 衣類を大量に消費する現代のライフスタイルと、世代を超えてくり返し着ることができる着物を対比することで、ファッションと環境について考えてみませんか。

 本イベント開催にあたり、長期間、着用していない着物をお持ちの方や、自由な発想で着物を楽しみたい方等を対象に、ファッションショーの参加者を募集します。参加者には、もっと身近に着物を着こなすための着付け・着こなしのアドバイスや写真撮影を無料で行います。着物をお持ちでない方には、無料貸し出しもあります(数量限定)。

 また、当日は講座「江戸の暮らしとリサイクル」を同時開催し、日本妖怪研究所所長が歴史上の環境問題や江戸時代のエコな暮らしなどをご紹介します。

 注1 ファッションショーを見るだけの方は、お申し込み不要です。
         ファッションショー開催時間(15:30-16:30)

 注2 講座「江戸の暮らしとリサイクル」だけを聞かれる方は、お申し込み不要です。定員は、各回先着10名です。
         講座開催時間(1回目・13:00 2回目・14:30)

日時 令和2年3月15日(日)13時~16時30分  ファッションショー開催時間(15:30-16:30)
※ 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた対応として、本イベントを中止いたします。
場所 なにわECOスクエア
 Osaka Metro長堀鶴見緑地線「鶴見緑地」駅から徒歩5分
講師

和ソフリコーディーネーター 濱田さち氏、吉田典子氏、大上美衣氏

※和ソフリ(和装フリーダム)とは

 Tシャツの上に着物を着たり、歩きやすいブーツやスニーカーに合わせたり、ベレー帽をかぶったりと、伝統的な着付けではなく、現代の服装に着物を合わせる着こなし方法です。

       

濱田 さち 氏

対象

 長期間、保管したまま着用していない着物をお持ちの方や、着物の良さを体験したい方、自由な発想で着物を楽しみたい方

•着物の着付け、着こなしのアドバイス、簡易なヘアメイク、写真撮影を無料で行います。
•着付けは「和ソフリ仕様」です。伝統的な着付けは行いませんのでご注意ください。
•着物をお持ちでない方には、無料貸し出しもあります(数量限定)。
•子ども用着物の貸し出し、着付けはありませんが、着物持参・着付け不要の方はお子さまでもファッションショーに参加いただけます。

内容

 13時に集合していただき、着付けの前後で面白講座「江戸の暮らしとリサイクル」に参加していただきます。詳細は、別途連絡いたします。

参加費 無料
定員 40名(応募者多数の場合は抽選)
締切 令和2年3月7日(土曜日)
申込方法 電話、FAXまたは来館でお申込みください。

【お伝えいただく内容】
•氏名(年齢)
•お住まいの市区町村
•電話番号
•メールアドレス
•着付けの要・不要
•着物持参または貸出希望を明記
•着物の貸し出しを希望する場合は、男性用または女性用を明記

お問い合せ

なにわECOスクエア(大阪市鶴見区緑地公園2-135)

 電話:06-6915-5820  FAX:06-6915-5824

 Email eco-sq@naniwa-ecostyle.net

 受付時間:9時から17時30分、月曜日休館

講座内容

おもしろ講座「江戸の暮らしとリサイクル」

 江戸時代のリサイクルに携わった おもしろい職業や、江戸のエコ

な暮らしをご紹介します。

•開催時刻 13時からと14時30分からの2回

•講  師 日本妖怪研究所 所長 亀井澄夫氏

•定  員 各回先着10名(申込不要)

主催 大阪市環境局
運営 環境事業協会・ネイチャーおおさか共同企業体