なにわエコスタイル

ロゴの説明
大阪市の環境学習

1. 基本方針

(1)市民一人ひとりの実践行動を喚起すること

地球温暖化問題をはじめ複雑多様化する環境問題に対応するために、市民一人ひとりの環境に配慮した生活や行動、よりよい環境づくりに向けた積極的な取組が求められています。 そこで、こどもから大人まで幅広い市民の環境問題への関心を呼び起こし、現実に生じている環境問題と自分たちの生活行動の密接な関係を学び、家庭や学校、職場などのそれぞれの場で具体的な行動につなげていくことができるよう、実践と結びついた学習活動を展開し、持続可能な社会の実現に向けて主体的に取り組んでいける人材の育成をめざします。

(2)さまざまな主体による連携・協働を推進すること

NGO/NPO・ボランティア等の社会的役割が高まり、環境分野においても彼らの専門性・行動力を十二分に発揮していただくことが期待されています。市民・NGO/NPO・企業等、社会を構成するさまざまな主体による連携・協働の取組を進めることで、環境保全活動等の活性化を図るとともに、市民ニーズに応えられる多様な環境学習メニューを企画・実施し、大阪市全体の環境学習を推進します。

2. 環境教育、学習に関する講座、イベント等について

(1)講座・イベントの開催

環境問題に関する理解を深め、行動できる人間を育てていくことを目的に、環境学習に資する各種の講座・イベント等を企画・実施します。環境についての知識・感性などを育むとともに、コミュニケーション能力や課題解決力などを身につけることをめざします。

(2)市民環境大学

受講者が、地域における環境活動や環境学習を推進する担い手として、総合的な環境の視点をもって、インタープリター(解説者)やファシリテーター(促進者)としての指導力・技術力を身につけることをめざします。

(3)自然体験観察園関連事業

昔ながらの里山・田園風景を再現している自然体験観察園を活用し、守り育てるべき自然やその生態系のしくみ、人と自然の共生のあり方などについて理解を深め、よりよい環境の創造につなげていく実践的な学習の場として魅力あふれる事業を展開します。

(4)生き物調査関連事業

草木や樹木、鳥、昆虫など、身近な自然再発見や調査活動を通じて市内の生物多様性情報を収集し、広く市民に周知することで、市域の生物多様性の保全に関する意識や理解を深めることをめざします。

(5)「環境にやさしいまち」絵画・作文コンクール

「環境にやさしいまち」をテーマに絵画・作文を募集し、その制作を通じて、児童に社会の一員としての自覚を養い、自ら進んで環境に配慮した行動を実践しようとする態度を育てることをめざします。

(6)ECO縁日

市民・NPO/NGO、企業などの環境活動について多数発表いただくことで、人と自然、生活と環境の関わりについて来場者が楽しみながら体験し、具体的な行動に結びつけることをめざします。

(7)こどもエコクラブ事業

こどもたちが人と環境の関わりについて幅広い理解を深め、自然を大切に思う心や、自ら考え行動する力を育成するための環境学習プログラムを模範的に実施するとともに、市内のこどもエコクラブ間の交流の場を設け、活動活性化を図ることにより、地域へ環境活動の環(わ)を広げることをめざします。

(8)ネットワークづくり

エコボランティアや市内のNGO/NPO等各種団体との連携を行い、各主体間のネットワーク構築をめざします。

(9)環境情報発信サイト「なにわエコスタイル」の運営

環境に関する講座等の開催情報を集約して情報提供するほか、最新の話題や、環境保全に積極的に取り組む市民・事業者の先進事例等を紹介するなど、本市における環境学習情報の発信に特化した特設ホームページとして運営します。