なにわエコスタイル
田んぼでまなぼ!~お米づくりと自然教室~
第3回 田んぼの草とりと虫さがし 生き物さがし
エリア:
鶴見区
 カテゴリ:
自然体験観察園
2018年07月08日 日曜日

自然体験観察園で学び体験する9回連続講座。
本日は、第3回目「田んぼの草とりと虫さがし 生き物さがし」。
当日は親子連れなど約80名が参加しました。

まずは、なにわECOスクエア研修室にて、講師の忍喜博先生と林富夫先生に本日の講座のお話を聞いてから、古代米チームと昔ながらのお米づくりチームに分かれて田んぼに移動しました。

古代米チームは前回植えた赤米、黒米の成長を観察しました。
自分で植えた苗が成長している姿に、子ども達も嬉しそうです。

古代米の田んぼにはどんな生き物が隠れているかな?
ペットボトルで作った道具(簡易のプランクトンネット)で田んぼの水をこして持ち帰り、後ほど顕微鏡で観察します。

昔ながらのお米づくりチームは、昔ながらの草取り機(除草機)を使って稲と稲の間を進んでいきます。
この草取り機は田んぼの中の水に空気を混ぜることで稲に栄養を与えることができ、さらに雑草まで除くことができるそうです。
引っかからないように押すのに一苦労。
でも子供たちはすぐにコツをつかんで進んでいきました。

集めた雑草は研修室に持ち帰り、田んぼの中の植物を勉強します。

田んぼから戻った後は、古代米チームはなにわエコスクエアの交流スペースに集まり、顕微鏡で田んぼの中の生き物を観察します。
何が隠れているかな?
皆わくわくしながら観察しています。

昔ながらのお米づくりチームは、集めた雑草を見ながら講師の先生たちに何の植物が生えていたか教えてもらいました。

講師の先生たちの手にかかれば雑草も草笛に変身。
子どもも大人も草笛にチャレンジします。
沢山練習したら上手に草笛が鳴り始めました。

最後は皆で研修室にて、講師の先生のお話を聞いて解散になりました。

次回は第4回8月19日(日)10時~15時「オリジナルかかしをつくろう 生き物さがし、成長を調べよう」
お楽しみに!
※古代米チームの生き物さがし、成長を調べようは、12時30分終了予定です。